城本クリニック

総合評価:3/医師技術:3/価格:2

城本クリニックは、全国に27院を展開する大手の美容整形外科です。25年以上の歴史と数多くの治療実績を誇るこのクリニックには、高い技術力を持つドクターが多数在籍しています。患者さんの求める美しさを実現する最新のマシーンや治療法も、危険を伴ったり、身体に害を及ぼしたりするものでは意味がありません。安全第一の施術を行うのが城本クリニックのモットーです。

城本クリニック

おすすめポイント

カウンセリングとアフターケアに自信
患者さんに取って満足のいく治療になるかどうかは、施術そのものだけでなく、カウンセリングやアフターケアの在り方にもかかっています。カウンセリングに十分な時間をかけ、患者さんの立場に立ったアドバイスを行うことと、きちんとしたアフターケアシステムを確立することで、患者さんの不安を少しでも減らせるよう努めています。
安全を第一に考えた施術
いくら患者さんが希望しても、身体に害を及ぼすような危険な施術はしないというのが、城本クリニックの基本理念です。患者さんの悩みを軽減し、希望される美しさを提供する治療であっても、安全に行うことが大前提です。少しでも効果的な治療を少しでも安全に行うことができるよう、常に新しい治療法やマシーンの操作技術の開発に努めています。

公式HPで詳しく見る

施術を受けた方の口コミ•体験談

テレビCMが気になって
わきがの治療って、受けたいと思うだけじゃなかなか受けられなくて、きっかけみたいなものが必要なんですよね。臭いが気になった瞬間にテレビCMが流れてきたので、カウンセリングに行こうかな?と思ったんですが、ちょうどいいきっかけになりました。
メールで相談できたのがよかった
わきがのことを相談するのに、クリニックまで行くのはすごく勇気が必要で、どんどん先延ばしにしていました。メールで相談したら、すぐに返事をもらえて、一度カウンセリングに来てくださいと言ってもらえたので、ようやく診察してもらう勇気が持てました。
ドクターの言葉で安心できました
緊張しましたが、治療前に「同じことで悩んでいた人はたくさんいますよ。それも今日で終わりですね」と言ってもらえて安心しました。治療後はしばらく痛みがありましたが、臭いが減って、気にならなくなったので、思い切って治療を受けてよかったなと思っています。
痛みは意外と大丈夫だった
インターネットで見て、実績がありそうだったし、信頼もできそうだったから、ここに頼むことにしました。手術はそれなりの痛みを覚悟していたけれど、意外と大丈夫で、麻酔が切れた時痛かったけど、痛み止めの薬をもらっていたので大丈夫でした。
圧迫固定が一番きつかったかも
手術して臭いが無くなったから、今では笑い話ですが、わきがの治療は、手術そのものよりも、術後に圧迫固定していたときが一番きつかったかもしれません。わきがしまらないから不格好だし、1人で服を着替えるのでさえ一苦労でした。
まずはボトックスで
薄着のシーズンに手術しても術後腫れがないのかと相談したら、やはり1週間くらいまとめて休めた方がいいとのことでした。とりあえずボトックスで様子を見て、冬場になってから手術という手もありますよというアドバイスをもらいました。

城本クリニックの基本情報

2014年10月28日調べ

クリニック名 城本クリニック
所在地 大阪府大阪市北区小松原町3-3 OSビル9F
受付時間 10:00~19:00
お問い合せ先 0120-107-929
公式サイトURL http://shiromoto-clinic.co.jp/

わきが・多汗症に強いおすすめクリニック

当サイト一押し品川美容外科
プチ多汗症治療から超音波ハイブリッド法まで豊富な治療プランが魅力です。

おすすめクリニック一覧

画像で見るわきが・多汗症辞典

  • 画像で分かる!わきがとは
  • 画像で分かる!多汗症とは
  • 画像で分かる!アポクリン汗腺
  • 画像で分かる!エクリン汗腺

わきが・多汗症の最新治療法の紹介

  • 剪除法の施術
  • ミラドライの施術
  • わきボトックスの施術
  • レーザー治療の施術

わきが・多汗症の治療体験談

  • 剪除法 体験談
  • ミラドライ 体験談
  • わきボトックス 体験談
  • レーザー治療 体験談

管理人メモ

わきがって再発するの?

「せっかくわきがの手術をしたのに、数年でまた臭うようになった」などと言う話をたまに聞きます。実は、わきが臭の元になる汗を分泌しているアポクリン汗腺は、個人差があるものの再生能力があるのです。そのため、取り残しがあるとわきがが再発してしまう可能性があります。汗腺を目で確認しながら取り除く剪除法であっても、ドクターの施術が雑な場合には取り残しがあるくらいですから、カニューレを差し込んで吸引するような術式ともなると、きちんと目視できないため、ドクターの腕が未熟な場合には再発のリスクが高くなってしまいます。