画像で見るわきが・多汗症辞典

わきの臭いや汗の多さに悩んでいる人も、身近にわきがや多汗症の人がいなければ、自分の症状がわきがや多汗症なのかどうかはよくわからないかもしれせん。そこで、わきがや多汗症に関して知っておきたいことを、画像も取り入れながら詳しく説明するコーナーを設けました。ただ悩んでいるだけでは何も改善しません。正しく知れば、その分早く適切な治療を受けられますから、わきがのこと、多汗症のことをきちんと理解しておきましょう。

画像でわかるわきがとは

わきがの正式名称は「腋臭症」です。読んで字のごとく、腋下から強烈な臭気を放ち、周囲の人に不快感を与えてしまう症状です。原因となるのは、わきなど特定の部位に多く存在するアポクリン汗腺から出る粘り気のある汗で、強烈な臭いは、その汗を栄養として雑菌が繁殖する際に放たれるものです。臭いは「甘酸っぱい臭い」という表現がよくされ、わきがに悩んでいる人の割合は、日本人の10人に1人とも20人に1人とも言われています。

画像でわかる多汗症とは

人は発汗することで体温調節を行っています。体温が上昇すると汗をかき、その気化熱で体温を下げようとします。ですから、状況に応じて体温調節に必要なだけの汗をかくのが正常な状態です。かいた汗は熱を奪って気化しますから、普段は肌が湿った状態にはなりません。ところが、何もしていなくても異常なほど大量の汗をかき、肌表面が濡れてしまうような人もいます。それは、何らかの条件によって発汗の制御が正常に行われていない状態で、そのような症状を多汗症と言います。

画像でわかるアポクリン汗腺

アポクリン汗腺は汗を分泌する2種類の汗腺のうちの1つです。アポクリン汗腺から分泌される汗にはたんぱく質や脂肪分などの栄養分が多く含まれており、乳白色をしています。また、アポクリン汗腺からの汗は粘り気が強くベタッとしているため、わき毛や皮膚表面に残りやすく、雑菌も繁殖しやすいのが特徴です。アポクリン汗腺からの汗が常在菌によって分解されると、その際に刺激の強い臭いが発生するため、それがわきがの原因となってしまいます。

画像でわかるエクリン汗腺

エクリン汗腺は、人体に存在する2種類の汗腺のうち、体温調整をする役割のために汗を分泌する方の汗腺です。エクリン汗腺から分泌される汗は99%が水分で、残りも塩分などあまり臭いがしない成分でできています。エクリン汗腺はアポクリン汗腺と違い、全身に分布し、1日で1.5~2リットルもの汗を分泌します。気温が高かったり運動をしたりして体温が上昇すると出てくるサラッとした汗は、エクリン汗腺からの汗で無色無臭です。

簡単!自宅でセルフチェック

わきが・多汗症に強いおすすめクリニック

当サイト一押し品川美容外科
プチ多汗症治療から超音波ハイブリッド法まで豊富な治療プランが魅力です。

おすすめクリニック一覧

画像で見るわきが・多汗症辞典

  • 画像で分かる!わきがとは
  • 画像で分かる!多汗症とは
  • 画像で分かる!アポクリン汗腺
  • 画像で分かる!エクリン汗腺

わきが・多汗症の最新治療法の紹介

  • 剪除法の施術
  • ミラドライの施術
  • わきボトックスの施術
  • レーザー治療の施術

わきが・多汗症の治療体験談

  • 剪除法 体験談
  • ミラドライ 体験談
  • わきボトックス 体験談
  • レーザー治療 体験談

管理人メモ

わきがも所変われば

日本では、半世紀前まで穀類を中心とした食生活をしていました。タンパク質や脂肪も豆類や魚介類から摂るのが普通で、肉類や乳製品から摂ることはめったになかったため、日本人にはあまりわきが体質の人はいなかったのです。逆に、元々肉類と乳製品中心の食生活をしてきた欧米人は違います。何と約8割がわきがであると言われています。そのため、わきががあって当然という状況ですから、わきがの臭いも一種のフェロモンという受け止め方になるようです。不思議なものですね。