• わきがとは?
  • 多汗症とは?
  • アポクリン汗腺
  • エクリン汗腺

画像でわかる アポクリン汗腺

アポクリン汗腺は汗を分泌する2種類の汗腺のうちの1つです。アポクリン汗腺から分泌される汗にはたんぱく質や脂肪分などの栄養分が多く含まれており、乳白色をしています。また、アポクリン汗腺からの汗は粘り気が強くベタッとしているため、わき毛や皮膚表面に残りやすく、雑菌も繁殖しやすいのが特徴です。アポクリン汗腺からの汗が常在菌によって分解されると、その際に刺激の強い臭いが発生するため、それがわきがの原因となってしまいます。

アポクリン汗腺がある箇所

アポクリン汗腺は、汗を分泌する汗腺でありながら全身にあるわけではなく、特定の部位にしか存在しません。特にアポクリン汗腺が多いのはわきの下ですが、他にも性器の周囲や肛門、乳輪、耳の中や耳の後ろにも存在します。アポクリン汗腺は、強いストレスを感じたときや、緊張した時、性的な興奮を感じているときなどに活発に働き、汗を多く分泌します。そして、このアポクリン汗腺から分泌される汗こそがわきがの原因です。わきが体質の人には、通常の人よりもアポクリン汗腺の数が多いため、においの元となる汗の分泌量も多く、雑菌が分解する際に生じる臭いも強くなるのです。

アポクリン汗腺の臭いはフェロモン!?

アポクリン汗腺から分泌される汗は臭うと思われがちですが、実は分泌された直後はほぼ無臭です。ただし、臭いの元を大量に含んでいるため、すぐに強烈な臭いを発するようになります。これはもともと人体にインプットされた働きであり、人類が滅びることなく栄えてきたのもこの臭いに関係があると言えます。体温調節や摩擦を作り出すために分泌されるエクリン汗腺からの汗とは違い、アポクリン汗腺からの汗には、個体識別や、種の繁栄のために臭いの違う人を誘うフェロモンとしての役割があります。そのため人間の身体には役割の違う2種類の汗腺が存在するのです。

エクリン汗腺との違い

エクリン汗腺は全身に点在しますが、アポクリン汗腺は限られた部位にしか存在しません。そして、エクリン汗腺とアポクリン汗腺では、分泌される汗の成分が違います。エクリン汗腺からの汗は99%が水分で、残りも塩分やミネラル、乳酸など臭いの原因となりにくいものですが、アポクリン汗腺からの汗には多くのタンパク質や脂肪分が含まれ、臭いの原因となります。そのため、気化熱で体温を下げる役割をするエクリン汗腺からの汗は無色で無臭、個体識別やフェロモンとしての役割をするアポクリン汗腺からの汗は乳白色で臭いが発生しやすいという特徴があります。

わきがの原因はアポクリン汗腺

わきからの汗が全てわきがの原因となるわけではありません。原因となるのは、アポクリン汗腺から分泌される乳白色のべたついた汗です。アポクリン汗腺から分泌される汗には、たんぱく質や脂質などの栄養分が豊富に含まれており、その栄養豊富な汗が、わき下の皮膚表面やわき毛に繁殖している常在菌にとって最適なエサとなってしまうためです。わきがのあの強烈な臭いは、常在菌が汗の成分を分解する際に発生するものですから、わきの下が常にジメジメした状態で雑菌の繁殖数が多く、アポクリン汗腺の数が多いほど、わきがになりやすいということになります。

簡単!自宅でセルフチェック

わきが・多汗症に強いおすすめクリニック

当サイト一押し品川美容外科
プチ多汗症治療から超音波ハイブリッド法まで豊富な治療プランが魅力です。

おすすめクリニック一覧

画像で見るわきが・多汗症辞典

  • 画像で分かる!わきがとは
  • 画像で分かる!多汗症とは
  • 画像で分かる!アポクリン汗腺
  • 画像で分かる!エクリン汗腺

わきが・多汗症の最新治療法の紹介

  • 剪除法の施術
  • ミラドライの施術
  • わきボトックスの施術
  • レーザー治療の施術

わきが・多汗症の治療体験談

  • 剪除法 体験談
  • ミラドライ 体験談
  • わきボトックス 体験談
  • レーザー治療 体験談

管理人メモ

アポクリン汗腺が特殊な部位にある理由

アポクリン汗腺が、わきの下や性器の周囲、乳輪など、性的イメージの強い特殊部位に存在するのには意味があります。同じ臭いを持つ同族同士で子供を作り続けると、遺伝的に弱くなってしまうため、人間には本能として違う臭いのする人を求める能力が備わっており、その判断に使われる臭いがアポクリン汗腺から分泌される汗の臭いなのです。進化の過程でアポクリン汗腺の数は減りましたが、異性を引きつけるフェロモンとしての役割を持つため、性的な部分にだけは残ったのかもしれません。