• わきがとは?
  • 多汗症とは?
  • アポクリン汗腺
  • エクリン汗腺

画像でわかる エクリン汗腺

エクリン汗腺は、人体に存在する2種類の汗腺のうち、体温調整をする役割のために汗を分泌する方の汗腺です。エクリン汗腺から分泌される汗は99%が水分で、残りも塩分などあまり臭いがしない成分でできています。エクリン汗腺はアポクリン汗腺と違い、全身に分布し、1日で1.5~2リットルもの汗を分泌します。気温が高かったり運動をしたりして体温が上昇すると出てくるサラッとした汗は、エクリン汗腺からの汗で無色無臭です。

エクリン汗腺がある箇所

エクリン汗腺は全身に存在しますが、その中でも特に多いのは手のひらと足の裏、額などです。エクリン汗腺が多い過所というのは、その役割を考えると分かる通り、汗を気化させ、気化熱で体に溜まった熱を下げやすい、露出した部分です。また、汗腺が多いのですから、全身の中でも比較的汗をかきやすいところとも言えます。しかし、エクリン汗腺は全てが働いているわけではなく、実際に活発に働いているエクリン汗腺の数は全体のおよそ半分ほどと言われています。そのため、汗腺がどれほど働いているかによって、かく汗の量にも差が出ます。

エクリン汗腺の特徴

エクリン汗腺はそれ自体が60~80ミクロンほどと、肉眼で確認できるアポクリン汗腺と比較にならないほど小さいのが特徴です。この小ささは、なるべく粒子の小さい汗をかいた方が皮膚表面で空気に触れる面積が増え、皮膚の熱を奪いながら蒸発しやすいからであると考えられています。エクリン汗腺の数には個人差があり、200~300万個ほどですが、実際に働いている能動汗腺はその半数ほどに過ぎないと言われています。エクリン汗腺からの発汗の役割は、主に体温調整のためですが、緊張やストレスを感じた際の精神性発汗や、辛い物を食べた時の味覚性発汗もエクリン汗腺からの発汗です。

アポクリン汗腺との違い

身体に分布する汗腺にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺はどちらも汗を分泌する腺ですが、分布する範囲や汗腺の大きさ、分泌される汗の成分など様々な違いがあります。エクリン汗腺は全身の至る所に分布しますが、アポクリン汗腺はわき下や性器の周辺、乳輪、耳の中や後ろなど特定の場所にしか存在せず、エクリン汗腺から分泌される汗は無色でサラッとしているのに対して、アポクリン汗腺から分泌される汗は乳白色でべたつきます。また、エクリン汗腺は肉眼では確認できないほど小さいのに対して、アポクリン汗腺は皮膚を切開して皮膚をひっくり返してみると、肉眼でも簡単に確認できます。

わきがの原因じゃないエクリン汗腺

エクリン汗腺とアポクリン汗腺の最も大きい違いは、汗腺から分泌される汗の成分です。エクリン汗腺からの汗は99%が水分で、残りも塩分やミネラル分などあまり臭わない成分です。仮に臭っても、塩分やミネラル分が常在菌に分解されて臭う程度ですので、わきがのように強烈な臭いにはなりません。一方、アポクリン汗腺からの汗にはたんぱく質や脂質など臭いの元になる成分が多く含まれており、皮膚表面やわき毛に繁殖している常在菌がそれを分解すると、わきが特有の臭いを発します。ですから、わきがの原因となるのはアポクリン汗腺であって、エクリン汗腺ではありません。

簡単!自宅でセルフチェック

わきが・多汗症に強いおすすめクリニック

当サイト一押し品川美容外科
プチ多汗症治療から超音波ハイブリッド法まで豊富な治療プランが魅力です。

おすすめクリニック一覧

画像で見るわきが・多汗症辞典

  • 画像で分かる!わきがとは
  • 画像で分かる!多汗症とは
  • 画像で分かる!アポクリン汗腺
  • 画像で分かる!エクリン汗腺

わきが・多汗症の最新治療法の紹介

  • 剪除法の施術
  • ミラドライの施術
  • わきボトックスの施術
  • レーザー治療の施術

わきが・多汗症の治療体験談

  • 剪除法 体験談
  • ミラドライ 体験談
  • わきボトックス 体験談
  • レーザー治療 体験談

管理人メモ

多汗症に関わりの深いエクリン汗腺

エクリン汗腺は、交感神経の支配によって分泌する汗の量を増やしたり減らしたりします。ですから、アクセルに当たる交感神経の働きがブレーキの役割をする副交感神経の働きとのバランスを崩して暴走してしまうと、汗を大量にかく多汗の状態になってしまいます。エクリン汗腺が関与するのは、体温の変化による発汗と精神的なストレスなどによる発汗、辛い物を食べた時の発汗などですが、交感神経ばかりが優位に働くと、汗が止まらなくなってしまいます。