レーザー治療の体験談

名古屋在住
女性 Sさん (28才)

軽いわきがならレーザーがいい

医療レーザーでわきがの治療をしました。脱毛用のレーザーを照射して、毛根を焼くついでに汗腺も破壊する形なので、確実に全部破壊できるわけではないというデメリットも聞かされていました。でも、わき毛の脱毛にもなるし、元々ひどいわきがと言うほどでもなかったので、汗をかいた時の臭いがしなくなればいいというくらいの気持ちで受けてみました。完全に臭いが無くなったかどうかは自分ではよく分かりませんが、周りからは臭わなくなったと言われています。治療時間が短くて、治療の直後から普通に動けるので、軽いわきがならレーザーがいいと思います。

兵庫県在住
女性 Kさん (23才)

レーザーにして正解だった

自分ではそんなに臭いとは思ってなかったのに、彼氏が臭いと言うから治療することにしたんです。でも、メスで切って傷口が残るのは問題外だし、注射を打って痛い思いをするのも嫌だったから、レーザー治療を選びました。臭いがどのくらい減るかは正直「賭け」でしたけど、あんまり臭わなくなったって彼氏が言うので成功だと思います。治療中に腕を上げたまま長い時間我慢しなくてもよかったし、治療中も後も痛くなくて、傷も残らなかったからレーザーにして正解でした。仕事も休まなくて済んだし、治療を受けたことを彼氏以外には気づかれなかったのも良かったです。

東京都在住
女性 Aさん (31才)

すぐに普段通りに生活できるのが魅力

私のわきがには脱毛と同じような形で照射するレーザー治療ではあまり効き目が無かったので、毛穴に針を差し込んでレーザーを照射するタイプのレーザー治療を受け直しました。脱毛と同じタイプのレーザー治療を受けた時は、少しだけ臭いが減ったかな?という程度だったのが、毛根に針を差し込むタイプのレーザー治療だと、自分でもそれなりに臭いが減ったのがわかります。私の場合はもう1回か2回くらい照射が必要なようですが、程度の軽い人なら、1回で済むかもしれませんね。何度か受けなければならないのは面倒ですが、すぐに普段通りの生活ができるのは魅力的です。

レーザー治療の施術について

わきがのレーザー治療には2種類の考え方がります。1つはわきがの臭いを生み出す常在菌の温床となりがちなむだ毛を脱毛をしながら、肌表面に存在する雑菌を死滅させるという考え方。もう1つは、わきがの原因となるアポクリン汗腺や多汗症の原因となるエクリン汗腺に細い針を差し込み、そこから照射されるダイオードレーザーで汗腺自体を破壊してしまおうという考え方です。前者は軽度のわきがの人に向いた方法ですが、多汗症の人にはあまり効果が見られません。そのため、中程度以上のわきがや多汗症の場合は、後者の方法を取るのが普通です。

わきが・多汗症に強いおすすめクリニック

当サイト一押し品川美容外科

品川美容外科は、数ある美容外科の中でも特に症例数の多い美容外科です。これまで手掛けた症例の多さは国内トップクラスを誇り、長年積み重ねてきた実績の1つ1つがドクター全体の財産となっています。しかし、品川美容外科のドクターたちは、この豊富な経験により培われた技術力の高さにも慢心することなく、患者さんの様々な要望に可能な限り応えられるよう、日々更なる技術の向上に努めています。

  • 口コミを見る
  • クリニック情報

品川美容外科

わきが・多汗症に強いおすすめクリニック

当サイト一押し品川美容外科
プチ多汗症治療から超音波ハイブリッド法まで豊富な治療プランが魅力です。

おすすめクリニック一覧

画像で見るわきが・多汗症辞典

  • 画像で分かる!わきがとは
  • 画像で分かる!多汗症とは
  • 画像で分かる!アポクリン汗腺
  • 画像で分かる!エクリン汗腺

わきが・多汗症の最新治療法の紹介

  • 剪除法の施術
  • ミラドライの施術
  • わきボトックスの施術
  • レーザー治療の施術

わきが・多汗症の治療体験談

  • 剪除法 体験談
  • ミラドライ 体験談
  • わきボトックス 体験談
  • レーザー治療 体験談

管理人メモ

レーザーと一口に言っても

レーザーと一口に言っても、波長によって様々なものがあります。波長によってエネルギーが届く深さや水の吸収率が違うため、医療用でも治療内容によって使われるレーザーが異なります。また、医療用のレーザー機器には高出力のものと低出力のものがあり、それぞれ使い分けがされています。高出力の物は、レーザーの熱などによって患部の細胞を焼いたり破壊したりするのに用いられ、低出力の物は、血行促進や筋肉の緊張緩和、免疫力の強化などに用いられます。