剪除法の施術

わきの下にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺という2つの汗腺がありますが、そのうち、わきがの原因となる汗が出るのはアポクリン汗腺の方だけです。ですから、アポクリン汗腺を除去してしまえばわきがは根本から治ると考えられます。剪除法は、皮膚を切開し、アポクリン汗腺そのものを切り取ってしまう方法です。剪除法には、皮膚の切込みからハサミを入れ手探りで切り取る方法と、皮膚を切り口から裏返して、アポクリン汗腺を直接目で確認しながら切除する方法があります。前者の方が傷口は小さくて済みますが、後者は切除し残す心配が無く確実性があります。

剪除法治療の特徴

わきがの元となる汗はアポクリン汗腺から出る乳白色のべたついた汗。一方エクリン汗腺から出る汗は無色透明で、さらっとしていてほとんど臭いません。これら汗腺の数は人によって違い、アポクリン汗腺の数が生まれつき多い人ほどわきがになる可能性が高いと言えます。つまり、アポクリン汗腺そのものを除去してしまう剪除法は、わきがの治療法としては効果が高いと考えられます。剪除法では、わきの下にメスを入れ、皮膚を3~4cm切開したら、確認できる限り多くのアポクリン汗腺を除去します。切開するためダウンタイムは必要ですが、術後は臭いが気にならなくなります。

  • 【メリット】確実な効果が得られる/保険が適用される※ ※クリニックによっては適用されません
  • 【デメリット】傷跡が4~5cm 残る/医師によって仕上がりが違う

わきがに悩む人にとって効果が大きい剪除法ですが、メリットもあればデメリットもあります。例えば、メリットとしては、アポクリン汗腺を完全に取り切れれば、わきがの原因となる汗が出なくなるため、根本的な治療になる点と、わき汗が減るため、多汗症の治療にもなるという点が挙げられます。一方デメリットとしては、目立つキズが残るという点と、術後しばらく痛みを伴う点、患部を固定するためダウンタイムが必要で、しばらく腕が動かしにくいという点などが挙げられます。また、ドクターの経験の差や技術力の差が出やすい術式でもあります。

剪除法治療の体験談

仕事に支障が無くなった

ずっと自分のわきがに気が付かなかったのですが、取引先の人の様子がきっかけで気になり始めました。社内でも周りの人の様子がおかしいのを感じたため、同僚を問い詰めてみたところ「わきが臭がする」と言われ、聞いた瞬間はショックでした。夏場などは、汗をかいた状態で取引先へ行き、室内でとんでもない臭いをさせていたのだと思います。剪除法で手術をすると、目立つ傷が残ることはわかっていましたが、根本から治さないと仕事に支障が出ることが明らかでしたから、思い切って受けることにしました。傷は残りましたが、臭いがしなくなったようなので、よかったと思っています。

重度のわきがが完治した

重度のわきがなので、ボトックスもレーザーも私には効き目がありませんでした。それでも、女性としてわきが臭をただよわせ続けるのは我慢できなかったので、最後の手段として、剪除法で汗腺自体を取り去ってしまうことに決めました。4~5cmの傷口というとかなり大きいので、正直悩みましたが、わきの傷はノースリーブなどを着なければ他人には見えないもの。でも、臭いは服を着ていても周りの人に不快感を与えてしまうものです。なので、治るか不安でしたが受ける決心をしました。術後しばらくは痛くて、日常生活も大変でしたが、結果的に完治したので受けてみて正解でした。

わきが・多汗症に強いおすすめクリニック

当サイト一押し品川美容外科

品川美容外科は、数ある美容外科の中でも特に症例数の多い美容外科です。これまで手掛けた症例の多さは国内トップクラスを誇り、長年積み重ねてきた実績の1つ1つがドクター全体の財産となっています。しかし、品川美容外科のドクターたちは、この豊富な経験により培われた技術力の高さにも慢心することなく、患者さんの様々な要望に可能な限り応えられるよう、日々更なる技術の向上に努めています。

  • 口コミを見る
  • クリニック情報

品川美容外科

わきが・多汗症に強いおすすめクリニック

当サイト一押し品川美容外科
プチ多汗症治療から超音波ハイブリッド法まで豊富な治療プランが魅力です。

おすすめクリニック一覧

画像で見るわきが・多汗症辞典

  • 画像で分かる!わきがとは
  • 画像で分かる!多汗症とは
  • 画像で分かる!アポクリン汗腺
  • 画像で分かる!エクリン汗腺

わきが・多汗症の最新治療法の紹介

  • 剪除法の施術
  • ミラドライの施術
  • わきボトックスの施術
  • レーザー治療の施術

わきが・多汗症の治療体験談

  • 剪除法 体験談
  • ミラドライ 体験談
  • わきボトックス 体験談
  • レーザー治療 体験談

管理人メモ

剪除法が保険適用される条件

剪除法によるわきが治療は保険適用の対象ですが、どこで行っても必ず保険が適用されるとは限りません。いくつかの条件があります。まず、治療する医療機関が保険診療を行っていることが大前提です。美容外科によっては保険診療を一切行っていないところもありますし、わきがは対象外というところもあります。また、診察したドクターが、保険の適用をすべきと認めた場合に限られます。ただし、臭いを具体的な数値にして判断するわけではないため、ドクターの主観に左右されます。ですから、同じ患者であっても、あっちでは保険適用、こっちで適用外と言うこともあるのです。