【わきが】【多汗症】簡単!自宅でセルフチェック

わきがも多汗症も原因や症状によっては治療が必要になります。しかし、どちらも自分ではなかなか気が付きにくく、どの程度のレベルなのかも判断しにくいため、放置されがちです。周りの人を不快にしかねない症状でありながら、周囲もなかなか指摘しにくいため、ただ黙って顔をそむけることが多いようです。人間関係を悪化させてしまう前に、何とか気が付いて、適切な治療を受けたいものですね。そこで、わきがや多汗症の可能性を自分でチェックできるセルフチェックをご用意してみました。

わきがのチェックリスト

  • 耳垢(みみあか)がネバネバ湿っている
  • 衣服のわきに当たる部分に黄ばみができる
  • 家族・友人・恋人などに臭いを指摘されたことがある
  • 両親・兄弟・親戚にわきがの人がいる
  • わき毛が濃く、体毛も全体的に毛深い
  • わき汗の量が多い
  • 肉類・乳製品などの動物性の脂肪分・たんぱく質をよく食べる
  • 自分でもわきの臭いを感じるときがある
  • 緊張しやすかったりストレスを感じやすい
  • 陰部が臭う

わきがの臭いは自分では気が付かないことが多く、知らず知らずのうちに、周りの人に不快な思いをさせている可能性があります。ですから、周り様子がおかしいと感じたら次のようなセルフチェックをしてみてください。

  1. ①耳垢がジメッとしていて粘り気がある。
  2. ②家族や親せきにわきがの人がいる。
  3. ③衣類に黄色っぽい汗じみができやすい。
  4. ④体毛が多く、特にわき毛が長く濃い。
  5. ⑤わきに汗をかきやすく、量も多い。
  6. ⑥自分自身でもわきが臭いと感じることがある。
  7. ⑦肉類や乳製品中心の食生活をしている。
  8. ⑧ストレスを感じやすく、緊張を感じることが多い。
  9. ⑨家族や友人など身近な人から臭いと言われた経験がある。
  10. ⑩陰部が臭いと感じる。

これらに当てはまるからと言って必ずしもわきがであるとは限りません。しかし、当てはまる項目が多いようであれば、カウンセリングなどで専門医に相談してみるとよいでしょう。

多汗症のチェックリスト

  • 運動をした後でなくとも、いつも汗をかいている。
  • わきの下に汗でしみができる。
  • 両親や兄弟にわきががいる。
  • わきの下の臭いが気になる。
  • 足がすごく臭い。
  • 手に汗をにぎることがよくある。
  • ノートをとると、紙がしわしわになる。
  • 服のわきの下に黄ばみができる。
  • 顔の汗を拭うためにハンカチはかかせない。
  • 簡単なことでも緊張しやすい。

自分が汗っかきだと感じている人でも、多汗症かどうかと聞かれるとよくわからないかもしれません。どの程度からが多汗症と言われる症状なのでしょうか?気になる方は、次のセルフチェックをしてみてください。

  1. ①運動をしたかどうかは関係なく、常に汗をかいている。
  2. ②足が強烈に臭い。
  3. ③わき汗で汗じみができる
  4. ④わきの臭いが気になって仕方がない。
  5. ⑤衣類が黄ばむ。特に脇の部分。
  6. ⑥手汗が気になる。
  7. ⑦メモやノートを取ると、紙にしわができる。
  8. ⑧顔にも汗をかきやすく、ハンカチを手放せない。
  9. ⑨家族にわきがの人がいる。
  10. ⑩すぐに緊張してしまう。

もちろん、これらの項目に当てはまればすべてが多汗症と言うわけではありませんが、3個以上当てはまる場合は多汗症を疑った方がよいでしょう。特に6項目以上当てはまる場合は、カウンセリングなどで専門医に相談を受けてみた方がよさそうです。

わきが・多汗症に強いおすすめクリニック

当サイト一押し品川美容外科
プチ多汗症治療から超音波ハイブリッド法まで豊富な治療プランが魅力です。

おすすめクリニック一覧

画像で見るわきが・多汗症辞典

  • 画像で分かる!わきがとは
  • 画像で分かる!多汗症とは
  • 画像で分かる!アポクリン汗腺
  • 画像で分かる!エクリン汗腺

わきが・多汗症の最新治療法の紹介

  • 剪除法の施術
  • ミラドライの施術
  • わきボトックスの施術
  • レーザー治療の施術

わきが・多汗症の治療体験談

  • 剪除法 体験談
  • ミラドライ 体験談
  • わきボトックス 体験談
  • レーザー治療 体験談

管理人メモ

更年期障害による多汗

汗が必要以上に出ていると、それだけで多汗症なのでは?と思われがちですが、何らかの病気が原因で大量に汗をかいていることもよくあります。中でも特によく知られているのが更年期障害による多汗です。更年期の女性の多くが経験する症状ですが、これは、卵巣機能が低下したことによりエストロゲンの分泌も付随する形で減少したことが原因となっています。エストロゲンは発汗を抑える働きをするホルモンなので、その分泌が減少すると発汗が抑えられなくなるのです。